infant shop

子供の成長過程にあったベビーシューズを買うなら専門店が最適

赤ちゃんへのプレゼントに

赤ちゃんに合わせたものを

ベビーシューズ

赤ちゃんを迎える際、何か手作りのものを贈りたい、と妊娠中にベビーグッズを作る人が多いです。手作りするベビーグッズというとスタイや靴下、帽子など小物を作ることが多く、ベビーシューズも人気です。ベビーシューズを手作りすると赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整できますし、素材を変えることで季節に合わせてアレンジすることもできます。ベビーシューズは大人が外で歩くために履く靴とは違い、赤ちゃんが室内で履いたり、寒いときに足が冷えないようにすることが目的なので、素材も強度も頑丈である必要はありません。そのため、タオル地やフェルトなど扱いやすい生地で作ることができますし、ミシンを使わなくても手縫いでできます。寒いときに履かせるものでしたら毛糸で編んで作るニットのものでも簡単にできます。手縫いでも手編みでも簡単に作れるので、初心者の人、裁縫が苦手という人でも作りやすく人気です。また、製作期間にもあまり時間が掛からないので、赤ちゃんが生まれてくるまでに完成することができることも魅力です。ですが、やはり一番の魅力というのは手作りなので世界に一つしかない赤ちゃんへのプレゼントになりますし、贈ったベビーシューズを記念として残すことができます。靴はこれから先も成長する度に履き替えていくものですが、お子様が成長した時に履いている靴と記念に残しておいたベビーシューズを比べることで、その都度大きく成長を感じられます。

使いやすさが大切です

ママと赤ちゃん

ベビーシューズ選びには重要なポイントがあります。まずベビーシューズを選ぶ際に大切なのがサイズです。足のサイズに比べて小さすぎるベビーシューズは爪の変形や靴づれの原因となるほか、大きすぎる場合には靴の中で足が滑り転倒する要因となってしまいます。そのためベビーシューズを購入する際はサイズ感を重視するようにしましょう。またベビーシューズは吸湿性も大切です。寒い季節や雨降りの日には水に強い合成皮革やビニール製の靴は大活躍しますが、夏場や長距離を移動する際には靴なのかが蒸れやすくなります。そこでベビーシューズを購入する際は、足が蒸れにくく素足に近い感覚で履けるパイル生地やコットン生地の製品も合わせて購入しておく方が安心です。ベビーシューズは短期間で買い替えることも多いのでそれほど心配ありませんが、たくさん歩く赤ちゃんの場合はいつの間にか靴底が減っていることがあります。靴底の減ったベビーシューズはクッション性が失われているほか歩行時にバランスを失いやすいので、靴底が減っていることに気づいたときはすぐに買い替えましょう。また赤ちゃんはまだ自分で靴を履いたり脱いだりすることはできません。そのためママやパパがベビーシューズの履き替えを行うことになりますが、外出時などには手荷物が多く靴の履き替えに手間取ることもよくあります。そこで赤ちゃんが自分で靴の履き替えができるようになるまでは、履口の広いタイプやマジックテープタイプのベビーシューズを購入する方が便利です。

足に合ったものを

赤ん坊

赤ちゃんの小さな可愛い足を守るベビーシューズ、最近では、まだ歩けない新生児用のシューズもあります。柔らかな布製のものもあり、靴下代わりの様な役割も果たしてくれます。歩き始めたら、ファーストシューズの出番です。初めて履くベビーシューズのことをファーストシューズと言い、よちよち歩きを助けてくれます。スポーツメーカーのものや、ベビーシューズ専門店のものなど、様々な種類があります。値段の相場は、大体3000円から5000円程度です。もちろん、それより安いものも高いものもあります。人気が高いのはスポーツメーカーのもので、どのメーカーも子どもが履きやすいように様々な工夫をしています。ベビーシューズで大切なのは、やはり子どもの足にきちんと合っているかということです。サイズはもちろんですが、足の形にも個性があり、幅広だったり甲高だったりと、同じサイズでも一人一人違います。試着をして、足に合っているものを選びましょう。歩き出して間もない子どもは、歩き方が不安定です。スムーズに歩けるよう、つま先が上がっているか、指の付け根が曲がりやすいかなど、歩きやすい靴かどうかチェックしなければなりません。ベビーシューズ専門店やベビー用品店の靴は、よく研究されていて、履きやすさで選ばれることが多いです。お洒落なパパママに人気なのが、大人用とお揃いのベビーシューズです。お出かけの時など、さりげなくペアルックにできます。