infant shop

子供の成長過程にあったベビーシューズを買うなら専門店が最適

赤ちゃんのおしゃれ

靴の色で楽しむ

乳児

赤ちゃんに履かせる靴のことを、特にベビーシューズと呼びます。作りが小さくてかわいらしいデザインのものが多く、履かせるだけで周囲を和ませてくれます。かわいらしさだけが目立つベビーシューズですが、上手にコーディネートすればおしゃれに見せることもできます。何種類かのベビーシューズを揃えて、トップスなどに合わせるのもよいでしょう。かわいらしさを強調したいなら、淡い色合いのベビーシューズが最適です。ペールカラーとも呼ばれる淡色系のカラーリングは、ふわっとした柔らかい雰囲気を与えてくれます。これが赤ちゃんのかわいらしさを引き立たせる効果があり、誰が見ても違和感を感じさせないコーディネートに仕上げることができます。淡い色といっても様々な色があるので、ここでトップスの色と考えながら選んであげるとうまくマッチします。例えばトップスが寒色系のカラーリングであれば、ベビーシューズも水色のものを履かせるときれいに決まります。赤ちゃんでも大人っぽいおしゃれを楽しみたいときには、インパクトのあるダーク系のベビーシューズが向いています。例えばダークブルーの靴なら、赤ちゃん向けの服にありがちな全体のふんわりとした印象を、足元が引き締めてくれます。冬場のようにブラックやブラウンといった重めのトップスを多用するときも、濃い目の配色を持つベビーシューズがマッチします。コーデュロイのカーキ色やブラウンのシューズを履かせれば、シックな雰囲気に仕上げることができます。

靴の選び方

ベビーシューズ

赤ちゃんが歩き始めたとき、ベビーシューズの購入を考える人が多いと思います。赤ちゃんがよちよちと歩き出した時に履くベビーシューズはいわゆるファーストシューズと呼ばれるものですが、実はいきなりファーストシューズを履くのを嫌がる赤ちゃんもいます。まずは室内ではけるルームシューズを選び、靴を履く感覚に慣れさせましょう。靴下の使用もおすすめです。外で履くファーストシューズ選びは、立った状態でサイズがきつくないものを探すのがポイントです。足首の力がまだ弱いため、ハイカットタイプのものを選ぶと良いでしょう。また、赤ちゃんはすり足で歩くためつまずきやすいので、爪先が少し上側に反ったものを選びましょう。運動量が増えてきて、キッズシューズに近いベビーシューズを選ぶようになったら気を付けるのは靴の裏の厚みです。すり減りが遅い厚めのものを選ぶことで思わぬけがを防ぐことができます。土踏まずなど足の形が決まってくる大事な時期なので、小さすぎたり大きすぎたりしない靴を選ぶのはもちろん、柔らかすぎる靴もやめてしっかりした形のものを購入しましょう。ベビー用品店からだけではなく、大人用の靴で有名なメーカーからもベビーシューズがたくさん販売されています。大人用のものとお揃いのデザインのものも多くあるので、子供とお揃いを選んでも楽しいでしょう。機能性とデザイン性から、赤ちゃんにぴったりのベビーシューズを探してみましょう。

幼児の靴で気をつけること

家族

ベビーシューズを購入する時は小さな子供を連れてお店になかなか出向くことも難しく、ましてや兄弟がいると必要のない買い物までねだられて大変な事があります。そういった時はインターネットでベビーシューズを購入するのが大変便利です。インターネットの買い物は実際に手にとって見ることが出来ない為に商品の状態や子供にあうかどうかが心配という方もいらっしゃるかと思います。まず、ベビーシューズを購入する際のポイントは、足のサイズです。子供の足はすぐに大きくなってしまいます。しかし、大きすぎても靴の中で足が遊んでしまうのでよくないでしょう。具体的な数値で言いますと、一般的に実際のサイズの0.5センチ大きなサイズを選ぶのが良いと言われています。他には靴が足にしっかり馴染んで歩きやすいつくりであるかが重要です。重要お店で試しに履かせたところで乳幼児は感想を言えない事が多いかと思いますので、メーカーの商品の靴に対する説明をしっかり確認するのが良いでしょう。やはり、有名なメーカーのほうが安心感があるのは否めないかもしれません。またサンダル履きを購入する際はまだ小さなうちは爪先が守られているほうが安全な場合が多いでしょう。靴はデザインより安全性第一に選ぶと良いでしょう。また、生まれてからはじめて履かせる靴はファーストシューズと呼ばれ記念に保管する家庭も多いようですので記念品として購入するのも良いかもしれません。最近では、保管用のボックスも販売されています。