infant shop

子供の成長過程にあったベビーシューズを買うなら専門店が最適

初めての靴の選び方

購入と事前準備のポイント

赤ちゃん用品

はじめてベビーシューズを購入する時、1、2歩程度歩き始めたからといってすぐに購入する必要はありません。まずは裸足で歩く感覚を養う事が重要です。裸足で歩く事で、土踏まずを形成したり、足底を丈夫にする、脳が刺激されるので脳の発育を活性化させる効果があります。また十分に歩けず、すぐにハイハイしてしまう状態で、ベビーシューズを購入しても、歩いていないにも関わらず、すぐに劣化してしまいます。赤ちゃんが屋外を1人で10歩前後歩けるようになったタイミングで、ベビーシューズを購入するのがベストです。初めてのベビーシューズを購入する際、絶対にしておかなければいけない事として、足のサイズを測ってあげる事です。測らなければならない部分は2箇所あり、足の長さを図る足長と足囲と呼ばれる足の太さがあります。親があらかじめ測って、紙などで記録をしておき、売り場に持っていく以外に、お店で測ってもらう方法もあります。お店では専用の計測器があり正確に測る事が出来ますが、人見知りをする赤ちゃんにとって知らない大人に体触られる事で、怖がり泣いてしまう事があるので、注意が必要です。計測が終わり、購入する事になったら、足より0.5から1cm程度、大きな靴を選びましょう。指先の高さと幅にゆとりがあり、靴の中で指先を動かせるかどうかを確認します。その他、着脱しやすいタイプのものや、通気性の良いものも、選ぶポイントとして重要です。初めてのベビーシューズは、一生の宝物として取っておく場合が多いです。デザインや履き心地など、妥協せず購入する事が大切です。

専用ボックスに入れて飾る

ベビー

よちよち歩きの赤ちゃんは足の指を上下左右に動かしてバランスを取りながら歩きます。足の指をたくさん動かして運動することで土踏まずが形成され、健康的な足に成長します。ベビーシューズは裸足と同じような感覚で足の指を動かせる靴であることが大切です。赤ちゃんがつかまり立ちができるようになったら、まず室内で履ける布製のベビーシューズを練習用として使用するのが良いでしょう。布製のベビーシューズなら柔らかいので、裸足で歩く感覚を身に着けることができます。一人歩きが頻繁にできるようになると、外で歩く楽しさを覚え始めます。ベビーシューズは歩き始めの赤ちゃんの足をサポートできるよう、軽さや素材にこだわって作られています。足の指が開きやすいように、つま先は十分なゆとりを持たせて作られており、正しい歩き方や足の成長を促進することができます。赤ちゃんが初めて履く靴はファーストシューズと呼ばれ、家族にとって大切な記念品となります。使い終わったファーストシューズは記念に飾っておくという活用法があります。ヨーロッパではファーストシューズを玄関に飾っておくと、幸運が訪れるというジンクスがあり、ファーストシューズを記念品として飾ることはポピュラーな習慣になっています。ネット通販ではファーストシューズを飾っておく専用のボックスも販売されており、子供の名前や生年月日、歩き始めた日を入れておくこともできます。手軽に100円ショップやホームセンターの材料で手作りする方法もあります。

足に合ったものを

ベビーシューズ

赤ちゃんがよちよち歩きをし始めたら準備したいものが、ベビーシューズです。ベビーシューズを履くことによって、足の負担が軽減され、外出先でも歩きやすくなります。ベビーシューズといっても、赤ちゃんの成長の段階によって種類があります。ベビーシューズを大きく分けると、ファーストシューズ、セカンドシューズ、キッズシューズの3種類です。ファーストシューズは、初めて履く靴となり、一人で5〜10歩歩けるようになったころが目安です。歩き方が不安定なので、靴のつま先が少し上がり、つまづきにくいように工夫されていたり、靴底が柔らかく、クッション性のあるものが多いことが特徴です。履かせやすいように、マジックテープで簡単に留められるようにもなっています。セカンドシューズは、安定して歩けるようになったころに履く靴となります。足が発達している途中なので、足をしっかり保護してくれるように適度な弾力がありながら、歩きやすいようにしっかりとした作りになっているのが特徴です。歩きやすいように、靴底に切り込みが入ったような形になっていたり、滑り止めがついていすものがあります。キッズシューズは、走ったりすることができるようになったころに履く靴となります。2歳すぎるころには走りまわる子どもも増えます。動きやすい仕組みになっていることはもちろん、激しい運動にも耐えられる構造や自意識も高くなるので、自分で着脱しやすいタイプが多いのもキッズシューズの特徴です。